遺留分減殺請求を行った後、事前の調査・準備を詳細に行ったうえで交渉に臨み、価額弁償により早期に満足の行く解決を得られた事案 | 菅野綜合法律事務所・弁護士菅野光明の相続・財産管理分野に特化したウェブサイトです。

03‐3221‐3335

業務時間 9:00~17:30(平日)

(ご予約で)夜間・土日休日も相談対応可能

お問い合わせ
解決事例画像

カテゴリ一覧

事例内容

遺留分減殺請求を行った後、事前の調査・準備を詳細に行ったうえで交渉に臨み、価額弁償により早期に満足の行く解決を得られた事案

遺留分権利者(請求側)・女性

遺留分

親の相続につき、依頼者の遺留分を侵害する遺言があり、遺留分減殺請求を行いました。 被相続人は地主の家系で遺産の多くは不動産でした。 不動産の評価の問題、特別受益の有無や額の問題などがありましたが、他士業(税理士)の協力も得ながら、具体的遺留分額の計算や解決案の検討等、調査・準備を詳細に行い、交渉に臨みました。 交渉前の調査・準備を詳細にしていたこともあり、最終的には、4か月程度で、価額弁償に…

詳しくはこちら
事例内容

争点が多岐にわたる事案で訴訟における主張立証を丁寧に行い、遺留分に基づく回収額を増加させた事案

遺留分権利者(請求側)・男性

遺留分

親の相続につき、他の相続人に全ての遺産を与える旨の遺言があり、遺留分減殺請求を行っていました。 被相続人の遺産の範囲の問題、遺産に含まれる不動産の評価の問題、特別受益の有無や額の問題など、具体的遺留分額の計算を行うにあたって、熾烈な争いのある複雑な問題点がいくつもあり、訴訟において、これら一つ一つについて証拠に基づいて丁寧に主張立証を行いました。 最終的には判決となりましたが、価額弁償が行われ…

詳しくはこちら

弁護士歴20年以上積み上げてきた経験実績
依頼者お一人お一人とじっくり向き合い、ていねいな説明
きめ細やかな対応が強みです