相続人が海外居住者である場合の印鑑証明書等相続手続に必要な書類 |東京都千代田区の相続弁護士 菅野光明

03‐3221‐3335

業務時間 9:00~17:30(平日)

(ご予約で)夜間・土日休日も相談対応可能

お問い合わせ
コラム画像

コラム

相続人が海外居住者である場合の印鑑証明書等相続手続に必要な書類

遺産分割

1 海外居住者の印鑑証明書・住民票

相続手続には印鑑証明や住民票を求められることがあります。
通常、印鑑登録や印鑑登録証明書の発行は住民票がある市区町村で行われます。
日本での住民登録を抹消して海外に居住している人は、住民登録抹消と同時に印鑑登録も抹消されてしまいます。

2 印鑑証明に代わる署名証明

不動産登記,銀行手続等の諸手続で印鑑証明書が提出できないとき、法務局や銀行等では,海外に在留している日本人には印鑑証明に代わるものとして署名証明の提出を求めています。

署名証明とは、日本に住民登録をしていない海外に在留している人に対して、日本の印鑑証明に代わるものとして日本での手続のために発給されるもので,申請者の署名(及び拇印)が確かに領事の面前でなされたことを証明するものです。
署名証明は,海外に居住している日本人が印鑑証明を必要とする際に印鑑証明の代わりに発給されるものです。

証明の方法としては、①在外公館(大使館、領事館)が発行する証明書と申請者が領事の面前で署名した私文書を綴り合わせて割り印を行うものと②申請者の署名を単独で証明するものとがあります。どちらの方法にするかは提出先の意向によって選択することになります。
署名証明は、原則として日本国籍を有する人のみ申請ができます。
また、領事の面前で署名(及び拇印)を行わなければならないため申請人本人が在外公館へ出向いて申請することが必要となります(代理申請や郵便申請はできない)。

3 住民票に代わる在留証明

在留証明とは、海外に居住している日本人がどこに住所(生活の本拠)を有しているか、あるいはどこに住所を有していたかをその地を管轄する在外公館が証明するものです。

在留証明は、一般的には海外に居住しており日本に住民登録のない人が不動産登記の手続等で日本の提出先機関から外国における住所証明の提出が求められている場合に発給されるものです。

日本国籍を有する人(二重国籍を含む)のみ申請ができ、原則として、現地にすでに3か月以上滞在し、現在居住していることが必要です。

原則として、在留証明を必要とする本人が在外公館へ出向いて申請することが必要です。
在留証明は、遺産分割協議、不動産登記その他重要な用途に使用されるため、在外公館では、申請人の意思と提出先機関の確認を行うと同時に本人の生存確認を行っているとのことです。

 

【菅野綜合法律事務所 弁護士菅野光明】

その他のコラム

相続人が海外居住者である場合の印鑑証明書等相続手続に必要な書類

遺産分割

1 海外居住者の印鑑証明書・住民票 相続手続には印鑑証明や住民票を求められることがあります。 通常、印鑑登録や印鑑登録証明書の発行は住民票がある市区町村で行われます。 日本での住民登録を抹消して海外に居住している人は、住民登録抹消と同時に印鑑登録も抹消されてしまいます。 2 印鑑証明に代わる署名証明 不動産登記,銀行手続等の諸手続で印鑑証明書が提出できないとき、法務局や銀行等では,海外に...

続きを読む

中小企業の経営権の承継と遺産分割方法の選択

事業承継

1 中小企業における株式の共同相続 中小規模の同族会社においては、会社の安定的な経営のため、遺産に株式がある場合、相続による株式の分散をできるだけ避けることが望ましいといえます。 共同相続の効力については、「相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。」(民法第898条)とされています(株式の場合は所有権以外の財産であるため正確には準共有ですが(民法第264条)、以下、単に共有と...

続きを読む

異順位の相続資格重複~先順位の相続資格喪失による影響

相続人の範囲と調査

1 異順位の相続資格重複の場合 異順位の相続資格が重複する場合は、重複する資格を同時に主張することはできないため、先順位の相続資格のみ認められます。 そこで、先順位の相続資格において相続資格を喪失した場合(相続欠格、廃除、放棄)に、後順位の資格で相続ができるかが問題となります。 A、B、X3人の兄弟姉妹のうち、AとXが養子縁組をした場合、Aの相続に関して、Xは、養子としての相続資...

続きを読む

相続の承認・放棄の熟慮期間はいつから起算されるか

相続放棄・限定承認

1 相続の承認・放棄の熟慮期間 民法第915条第1項は、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」と規定しています。 他方で、同法第921条は、「次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。」とし、同条2号では「相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかった...

続きを読む

弁護士歴20年以上積み上げてきた経験実績
依頼者お一人お一人とじっくり向き合い、ていねいな説明
きめ細やかな対応が強みです