疎遠になった法定相続人以外にすべての遺産を取得させる内容の遺言の執行を円滑に行った事案 | 菅野綜合法律事務所・弁護士菅野光明の相続・財産管理分野に特化したウェブサイトです。

03‐3221‐3335

業務時間 9:00~17:30(平日)

(ご予約で)夜間・土日休日も相談対応可能

お問い合わせ
解決事例画像

カテゴリ一覧

事例内容

疎遠になった法定相続人以外にすべての遺産を取得させる内容の遺言の執行を円滑に行った事案

遺言執行者

遺言

遺言者の法定相続人は、遺言者が高齢であったこともあり甥や姪のみでした。互いに遠隔地に居住しており、関係も疎遠になっていたことから、遺言者は法定相続人以外の複数の受遺者にすべての遺産を換価したうえで、取得させる内容の遺言を残していました。受遺者と法定相続人との間には面識はありませんでした。当職が遺言執行者に選任され、法定相続人に遺留分がないことや遺言書に換価分割の条項があったため、遺言執行者として、…

詳しくはこちら
事例内容

民法改正後の要件が緩和された規律にしたがった自筆証書遺言を作成した事例

遺言作成者・男性

遺言

賃貸用の物件も含めて不動産を多数所有されており、将来に備えて遺言書を作成しました。 依頼者の方がまだ若く、将来において書き直しの可能性があり、公正証書で作成すると書き直しの都度公証役場での費用がかかること、民法改正によって財産目録を遺言者が自書しなくてもよくなったため自筆証書遺言の作成の負担がかなり軽減されたこと、法務局における遺言書の保管の制度が始まることなどを説明し、自筆証書遺言を作成しまし…

詳しくはこちら

弁護士歴20年以上積み上げてきた経験実績
依頼者お一人お一人とじっくり向き合い、ていねいな説明
きめ細やかな対応が強みです