コラム | 東京都千代田区の相続弁護士 菅野光明

03‐3221‐3335

業務時間 9:00~17:30(平日)

(ご予約で)夜間・土日休日も相談対応可能

お問い合わせ
コラム画像

コラム

特別縁故者に対する相続財産分与の申立時期(1)

特別縁故者に対する相続財産の分与

1 相続人捜索の公告期間満了後、3か月以内

特別縁故者に対する相続財産分与の申立は、民法958条の相続人の捜索の公告期間の満了後3か月以内にしなければなりません(民法第958条の3第2項)。
このような規定があるものの、実際に相続人捜索の公告期間については、相続財産管理人選任からかなり時間が経過してから到来することや、いつからその期間が始まって満了するのかがわかりにくいので、うっかりすると申立の時期を逃してしまう危険もあるという問題があります。

2 相続財産管理事件における手続の流れ

(1)官報公告の重要性
特別縁故者に対する相続財産分与は相続財産管理事件の中で行われますので、相続財産管理事件の手続の流れをしっかり把握しておくことが必要です。
そして、相続財産管理事件における手続において時間的な経過の節目となるのは官報公告ですので、どのような官報公告がいつ行われるかを押さえておくことが重要です。

(2)相続財産管理人の選任審判と選任の官報公告
相続財産管理人選任の申立がなされ、相続財産管理人選任の審判がなされると、家庭裁判所は職権で相続財産管理人選任の官報公告を行います(民法第952条第2項、下図の官報公告①)。
相続財産管理人選任申立がされてからこの官報公告がなされるまでどれくらいの期間を要するかは、申立時に必要な書類がきちんと揃っているかなどの事情によりケースバイケースですが、私の経験からすると、1か月半~6か月程度の期間を要するのが通常であると思われます。
この官報公告は、相続財産管理人が選任されたことを家庭裁判所が官報で公告するものですが、第1回目の相続人捜索の意味も含んでいます。

(3)相続債権者・受遺者に対する請求の申出の公告・催告
相続財産管理人選任の官報公告(下図の官報公告①)掲載の日の翌日から2か月を経過しても相続人のいることが明らかにならなかったときは、相続財産管理人は、遅滞なく、すべての相続債権者と受遺者に対して、一定の期間内にその請求の申出をすべき旨を公告しなければならず、その期間は2か月を下ることができないとされています(民法第957条第1項、下図の官報公告②)。
この官報公告は、家庭裁判所の職権によってではなく、相続財産管理人によって行われます。また、期間は実務上は2か月とされています。
また、この官報公告は、第2回目の相続人捜索の意味を持ちます。
あわせて、相続財産管理人は、知れている(既に判明している)相続債権者と受遺者に対しては、個別に請求の申出の催告をしなければなりません(民法第957条第2項、第927条第3項)。

(4)債権者・受遺者への弁済
相続債権者・受遺者に対する請求の申出の公告期間が満了すると、相続債権者と受遺者が確定します。
期間経過後、法の規定(民法第957条、第928条乃至第935条)にしたがって、相続債権者と受遺者に対する弁済が行われます。
相続財産が債務超過の場合は、相続債権者・受遺者に対する配当弁済を行った後、相続財産管理人選任処分の取消(選任処分取消の審判)が行われ、相続財産管理事件は終了し、特別縁故者に対する相続財産分与の機会は訪れません。
相続財産が債務超過とならない場合は、次の、相続人捜索の公告手続に入ります。

 

(5)相続人捜索の公告申立と官報公告
相続債権者・受遺者に対する請求の申出の公告(上図の官報公告②)期間が満了してもなお相続人のあることが明らかでないときは、家庭裁判所は、相続人捜索の公告(相続人があるならば一定の期間内にその権利を主張すべき旨の公告)をしなければなりません(民法第958条、下図の官報公告③)。
第3回目の相続人捜索の官報公告となります。
この官報公告は、相続財産管理人または検察官(通常は相続財産管理人)が家庭裁判所に相続人捜索の公告の申立をすることによって行われますが(民法第958条)、東京家庭裁判所の運用では、相続人捜索の公告申立は相続財産管理人選任審判から7か月以内に行うべきとされています。
相続人捜索の公告期間6か月以上の期間とされていますが(民法第958条)、実務上は6か月とされていることがほとんであると思います。
相続人捜索の公告期間内に相続人としての権利を主張する者がないときは、相続人や相続財産管理人が知らなかった相続債権者・受遺者は、その権利を失うことになります。

(6)特別縁故者に対する相続財産の分与申立期間
相続人捜索の公告期間の満了の日の翌日から3か月間が、特別縁故者に対する相続財産分与の申立期間となります(民法第958条の3第2項)。


3 申立時期を把握するための留意点
ここまでたどり着くのには、今までの説明からもわかりますように、相続財産管理人選任審判から1年以上の時間を要します。また、相続財産管理事件が始まった当初から期間が確定しているわけではなく、途中行われる官報公告の時期によって期間が前後します。
常に官報を確認するということも事実上難しいと思います。
そこで、特別縁故者に対する相続財産分与の申立を予定している場合は、家庭裁判所や相続財産管理人に対して、上記の各官報公告の時期、もっと端的に言えば、特別縁故者に対する相続財産分与の申立時期を適宜問い合わせ、確認することによって、申立の時期を失念することのないように事前に準備をしておくのが望ましいといえます。通常は、相続財産管理人に問い合わせると、相続財産管理業務や官報公告の進捗状況等について回答してくれると思います。

【菅野綜合法律事務所 弁護士菅野光明】

その他のコラム

中小企業の経営権の承継と遺産分割方法の選択

事業承継

1 中小企業における株式の共同相続 中小規模の同族会社においては、会社の安定的な経営のため、遺産に株式がある場合、相続による株式の分散をできるだけ避けることが望ましいといえます。 共同相続の効力については、「相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。」(民法第898条)とされています(株式の場合は所有権以外の財産であるため正確には準共有ですが(民法第264条)、以下、単に共有と...

続きを読む

異順位の相続資格重複が認められる場合の先順位相続資格喪失による他の相続資格への影響

相続人の範囲と調査

1 異順位の相続資格重複の場合 異順位の相続資格が重複する場合は、重複する資格を同時に主張することはできないため、先順位の相続資格のみ認められます。 そこで、先順位の相続資格において相続資格を喪失した場合(相続欠格、廃除、放棄)に、後順位の資格で相続ができるかが問題となります。 A、B、X3人の兄弟姉妹のうち、AとXが養子縁組をした場合、Aの相続に関して、Xは、養子としての相続資...

続きを読む

相続の承認・放棄の熟慮期間はいつから起算されるか

相続放棄・限定承認

1 相続の承認・放棄の熟慮期間 民法第915条第1項は、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」と規定しています。 他方で、同法第921条は、「次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。」とし、同条2号では「相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかった...

続きを読む

共有不動産の分割方法~遺産共有の場合と夫婦共有の場合~

遺産分割

1 共有物分割請求 民法第258条は、「共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。」としています。 遺産分割前の相続人間で共有状態にある不動産や夫婦が婚姻中に取得した共有名義の不動産を分割したい場合、この方法によることができるでしょうか。   2 遺産共有の場合 相続の場面で、遺産分割前の遺産共有の場合には、共有物分割請求が...

続きを読む

弁護士歴20年以上積み上げてきた経験実績
依頼者お一人お一人とじっくり向き合い、ていねいな説明
きめ細やかな対応が強みです