共有不動産の分割方法~遺産共有の場合と夫婦共有の場合~ | 菅野綜合法律事務所・弁護士菅野光明の相続・財産管理分野に特化したウェブサイトです。

03‐3221‐3335

業務時間 9:00~17:30(平日)

(ご予約で)夜間・土日休日も相談対応可能

お問い合わせ
コラム画像

カテゴリ一覧

共有不動産の分割方法~遺産共有の場合と夫婦共有の場合~

遺産分割

1 共有物分割請求 民法第258条は、「共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。」としています。 遺産分割前の相続人間で共有状態にある不動産や夫婦が婚姻中に取得した共有名義の不動産を分割したい場合、この方法によることができるでしょうか。   2 遺産共有の場合 相続の場面で、遺産分割前の遺産共有の場合には、共有物分割請求が...

続きを読む

遺産分割協議が破産手続において否認される可能性

遺産分割

1 相続分を下回る遺産しか取得しなかった遺産分割協議が破産法上の無償行為にあたり否認されるか 破産法第160条第3項は、破産者が行った無償行為の否認について規定しています。無償行為とは、破産者が経済的な対価を得ないで財産を減少させたり、債務を負担する行為であり、その典型例は贈与です。 遺産分割協議においては、様々な事情により、相続人のうちのある者がその者の相続分を超える遺産を取得し、それによっ...

続きを読む

再転相続の場合における遺産分割手続~特別受益の考慮~

遺産分割

1 広義の再転相続 第1の相続について相続人が相続を承認し、または単純承認の効果が生じた後、その相続についての遺産分割未了の状態で、その相続人の1人が死亡して第2の相続が開始することを再転相続という言葉で指す場合があり、広義の再転相続といいます。 下の図の例で考えます。 【第1の相続】 被相続人  X 相続人   Y(Xの妻) A(XYの長男) B(XYの長女) C(XYの二男...

続きを読む

相続人の中に認知症の人や行方不明者がいるために遺産分割が進められないとき

遺産分割

1 相続人の中に認知症の人や行方不明者がいる場合 以下の図の例で考えてみます。 Aが死亡して、相続が開始しました。 被相続人Aの相続人は、妻Bと、3人の子C、D、Eであるとします。 遺言書はないとします。   この場合、相続人であるB、C、D、Eで遺産分割をすることになります。 Bは認知症で判断能力なし Cは行方不明 このような場合、そのままでは遺産分割...

続きを読む

遺産に属する特定財産の持分譲渡と共有関係の解消

遺産分割

1 遺産分割前の共同所有の法律関係 共同相続人が分割前の遺産を共同所有する法律関係は、基本的には民法249条以下に規定する「共有」とその性質を異にするものではないと解すべきであるとされています(最高裁判所昭和30年5月31日判決・民集9巻6号793頁)。 2 遺産分割前の共有関係解消の方法 遺産分割前の共有関係の解消については、共有物分割請求(民法258条)が許されず、遺産分割の審判手続によ...

続きを読む

弁護士歴20年以上積み上げてきた経験実績
依頼者お一人お一人とじっくり向き合い、ていねいな説明
きめ細やかな対応が強みです